ネットで告白 これって世代の違い?

愛の告白。
ロマン的なというか、ドキドキする気持ちでいっぱい。
甘酸っぱい思い出かな

そんな告白もデジタル化の波でしょうか。

対面でなく、インターネットでの「愛の告白」はありか、なしか--。世代間の意識の違いを探ろうと、兵庫県立大の竹内和雄准教授(生徒指導論)らが中学生と成人を対象にこんなテーマでアンケートを実施し、27日に神戸市で開かれたフォーラムで発表した。成人に比べて中学生は肯定的で、特に女性では、「OK」と答えた中学生が成人の5倍に。「断られたら冗談と言える」と今どきの子どもの本音も浮かんだ。

 神戸市の協力で市内の4中学の生徒会が6月、調査票を配布。中学1~3年(4078人)と市職員ら成人(180人)の男女から回答を得た。

 調査では、メールや無料通信アプリでの告白が「OK」「相手によってOK」と回答した中学生は計59.0%で成人の50.6%を10ポイント近く上回った。女性に限ると、「OK」と答えた中学生は22.9%だったのに対し成人は4.5%。「相手によってOK」を含めると中学生は60.0%、成人は40.3%だった。

 理由を尋ねると、中学生は「気持ちを伝えやすい」「素直になれる」との答えが目立った。友人間の罰ゲームの「ウソコク(ウソの告白)」を警戒する声もあった。成人は「目と目を合わせてするもの」と否定的な意見が多かった。


え!って思う人も多いでしょうが
そもそも、ラブレターという手紙で愛を告白するという文化はあるわけで、
それが手紙からネットに変わってもおかしくないのでは?
なんて思っちゃいます。

大人になると、メールよりも面と向かって愛を語ってほしいという願望?かな。
だからと言って、中学生の時とかには、ラブレターとかでもOKだったのでは?

なんとなく、一概に若いから・・・
って間違いのような感じもします。
単純に、若い時には面と向かって告白するのが怖いって思いが強い。
それが
昔は手紙であって、今はネットにツールが変わっただけ。

ウソ告だって、ラブレターでもあるわけでネット特有の問題じゃないし。

結局、昔は良かった・・・と思う教授様が勝手に世代の違いって言っているだけ
なのでは?って思うのですが・・・・
どうなんでしょう?

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック