警視庁サイバー犯罪対策課のツイッターでヴィッシングの注意喚起が出ていました

警視庁サイバー犯罪対策課のTwitterを読んでいたらヴィッシングに関する注意喚起の情報がつぶやかれていました。

【警視庁サイバー犯罪対策課】金融機関を装い、口座名義人に電話で「利用限度額を上げるため」などと言い、言葉巧みにワンタイムパスワード等を聞き出した事案が発生しています。ID・パスワード等を電話で聞き出すことは絶対にありませんので、ご注意ください。


■ヴィッシングとは
このような手口を「ヴィッシング(vishing)」と言います。
文字を見て、あ!と思う人がいれば素晴らしい・・・。「voice 」と「フィッシング」を合体させた言葉ですね。
銀行や警察などを騙って電話をかけて、パスワードなんかを聞き出す手口です。

銀行が電話をしてパスワードを聞くことなんてないんですが、電話をする犯人が上手なのか、騙されて喋っちゃう人がいるんです。

■これをやられると・・・

銀行では、ワンタイムパスワードを利用したり、もっと進んだところでは二経路認証を使ってセキュリティをあげていますが、
ヴィッシングの場合、ユーザーがご丁寧に自分から教えちゃってるんですよね。
こうなると、
銀行のシステム外のことから、何もできない・・・・。
こればっかりは、お客さんにセキュリティを任せないといけないんですよね。

■このつぶやきは・・・
実は、この事案って「あの銀行」って私わかっているんです。
いつ発生しているかも知っているし、もっと詳しい情報も知っているんですが、そこは内緒。
新しい動きも見えて被害が拡大しないか心配しているところです。
それにしても、タイムリーに呟く辺りがさすが警視庁って感じですね。

以前、サイバー犯罪課の方と話をした後に、
話したテーマがつぶやかれたことがあったりしたので、
結構、タイムリーに呟くことができるんだなって感心したことがあります。

ということは、
ここのTwitterを見ることはセキュリティを高める上で結構役立つと思いますよ。

ポイント!
銀行は電話でパスワードは聞きません。
 一番はこれですね。銀行がワンタイムパスワードを電話で聞くなんてありません。
 怪しいと思ったら、一旦電話を切る。
 キャッシュカードの裏面にある電話番号にかけ直してみるということが大切です。

ログイン履歴の確認を
 不審なログインがないか?って常に意識してほしいですね。
 それと銀行によってはログインがあるとメールが通知されたりするところもあるので、そういうサービスも利用してください。

 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック