FX事業者にDDoS攻撃 個人にはあんまり影響ないかも

FX業者にサイバー攻撃という記事がでていました。

外国為替証拠金取引(FX取引)を取り扱う企業を狙い、サーバーなどに大量のデータを送り付ける「DDoS(ディードス)攻撃」を仕掛けると脅し、金銭を要求する「ランサム(身代金)DDoS」と呼ばれるサイバー攻撃が相次いでいることが分かった。

 攻撃は今月14日以降立て続けに確認され、サイトの閲覧や取引に障害が出ており、セキュリティーの専門家らが警戒を呼びかけている。

 FX取引は、取引業者に元手(証拠金)を預け、これを担保にドルやユーロなどの外貨を売買し、為替変動の差益を狙う金融商品。マネーパートナーズ(東京)では、14日午前9時過ぎ、複数のアドレスで、24時間以内に仮想通貨の2ビットコイン(約85万円相当)の支払いを要求する英文メールを受信した直後、DDoS攻撃が始まり、サイトにログインしづらい状態になった。


実は、この手の脅迫ってずっと続いているんです。
べつにFX事業者だけが狙われているわけじゃないんです。

■それにしても迷惑なDDoSだよ・・・・

個人的には、FXはやっていませんが、
FXって1分1秒を争って投資(投機?)している人たちがたくさんいます。
その人たちからすれば、サイトにアクセスできない・・・
アクセスできるけど、速度が遅い!
って致命的な状況ですよね。

■個人は恐れることはない

ニュースとしては迫力ありますが、
個人で言えば、個人にこの犯人がDDoS攻撃をするなんてないでしょうから安心していいのではないでしょうか。



だからこそ
金を払ってでも復活させよう、DDoSをやめさせようと思う事業者がでても・・・・
って感じでしょうか。


■ここでもビットコインかよ

それにしても、ビットコインってこういう場所でよく使われますよね。
はっきり言って、犯罪ツールじゃないか?ってまじめに思ってしまいます。
良くも悪くも、マネロンするにはこれほど素晴らしいツールないですから。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック