仮想通貨の不正送金 1月~7月で7650万円の被害

仕事柄、銀行の不正送金について強い関心を持って研究していますが、最近ではビットコインなどの仮想通貨も被害にあっているそうです。

被害額は、今年の1月~7月で33件 約7650万円の被害出ているそうです。

■新聞記事によると

「ビットコイン」「リップル」などインターネット上の仮想通貨の個人口座が何者かに不正アクセスされ、別の口座に送金される事件が今年1~7月に33件あり、約7650万円の被害が出ていたことが警察庁の調べで分かった。仮想通貨の不正送金が5月以降に多発したことを受け、警察庁が初めて被害状況を集計した。

 警察庁によると被害は、2月1件▽5月8件▽6月14件▽7月10件。6月までの仮想通貨ごとの被害状況をみると、リップルが2960万円で最も多く、ビットコイン2929万円▽イーサリアム20万円▽ネム10万円--などと続いた。

 仮想通貨の口座にログインするにはパスワードなどの認証が必要だが、何らかの方法で不正にログインされ、口座内の仮想通貨が勝手に別の口座に移されていた。海外などで現金化された可能性があるという。

 上半期(1~6月)に被害に遭った23件のうち20件で、不正防止に有効な2段階認証を利用していなかった。

 また、警察庁によると、今年5月に世界各地で発生した身代金要求型ウイルス「ランサムウエア」の感染被害は、国内では36件あった。いずれもパソコンなどのデータが暗号化され、暗号を解除する代わりに仮想通貨などを要求されたが、身代金を払ったケースはなかったという。

 不正アクセス対策について、仮想通貨の取引所などが加盟する「日本ブロックチェーン協会」(東京都港区)の樋田桂一事務局長は「ウイルス対策はもちろんのこと、IDとパスワードだけでなく、更にセキュリティーを高める手段である2段階認証の活用が不可欠」と強調。取引所に対しても、「ユーザーがパスワードを何度か間違えたら一時的にログインできなくしたり、取引所がハッキングされた場合に備えて、パスワードの暗号化などを進めたりすることで利用者が安心できる環境を整える必要がある」と対策を求めている。


■ビットコインは狙われてる!

インターネットバンキングを狙ったマルウェア「DreamBot」。
最近の解析結果では、仮想通貨の取引所もターゲットになっていることがJC3から公表されています。
実際に解析結果を見ても確かに複数の会社が含まれていました。

銀行はセキュリティ対策が強固になって来ているので不正送金が難しくなっていますが、
仮想通貨の業者はというと
はっきり言って、ザル状態
本人たちは強固なとか言っていますが、セキュリティは低いし、経営層のレベルが低いこともあって、セキュリティ状態は非常に弱いです。

だからこそ狙われやすいんでしょうが、1件あたりの被害額が銀行に比べると大きいですね。
それに、
海外送金もしやすいようですし・・・

■警察も問題


なんで被害が発生するか?
を考えた時、警察のレベルの低さもあるのでは?と思います。
警視庁などは非常にレベルが高いのですが、地方の県警。しかも田舎の警察署ともなると「仮想通貨?」って平気で言います。

彼らは、仮想通貨の知識もなければ、なぜ盗まれたのかも理解できない。

仕組みすらできない人たちが対応しても、上手くいくはずはありません。

そういう意味では、捕まえる人たちがレベルが低いことも問題ですね。

■結局は自分で守る

結局、警察はダメ。業者はダメ。となると自分で身を守るしかありません。
一番いいことは仮想通貨なんて利用しないことなんでしょう。
そもそも仮想通貨なんて、投機であって胡散臭いものですよ。
そんなものに手を出さないことが一番。

もし、それでもやりたなら、
まだレベルの高い業者を探して、自身できちんとセキュリティ対策をするしかないでしょうね。

盗まれても自己責任。
その覚悟が必要かと思います。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック